きみがいるからわらっていられる きょうはいつもよりすなおになれる

佐藤勝利くん、21歳のお誕生日おめでとうございます!
かわいいかわいい勝利くんがもう21歳、幼い雰囲気を少し残しながらもどんどん見た目も中身も大人っぽくなっていく勝利くん。勝利くんの話を聞いていると、「私が勝利くんと同じ歳だったころは、こんなにしっかり物事を考えていなかったな」と、とてもハッとさせられることが多いです。
勝利くんがまだ10代の頃、グループのことを一人で考え込んで、「こういうこと、もっと大人になってから考えたかった...。子供になりたいな」と思ったことがあると話していたけれど、あれから年月が流れて大人になった勝利くんへ、
今、幸せですか?
今、楽しいですか?
今、心から笑えていますか?
私の頭の中でこの一年の勝利くんのことを振り返ってみると、色々な出来事があったけれど、振り返ると、笑顔の勝利くんをたくさん見れた一年だったように感じています。このブログでは勝利くんの「涙」について書いた記事もいくつかあるけれど、20歳の勝利くんは涙を流すだけじゃなくて、私たちの前でたくさんの笑顔を見せてくれました。いつも優しい笑顔で私たちを楽しませてくれる、私のことも笑顔にしてくれる勝利くんのことが大好きです。
ここまでは私が思ったことだから、二十歳の勝利くんの一年の印象として本当に正しいのかどうかは分からないけれど、この間、雑誌でメンバー同士メッセージを送るページで、マリウスくんが、「勝利くんとは最近あまりたくさんは話せてないけど、元気にしている姿はちゃんと見てるから安心してます!」と勝利くんへメッセージを送っていたんですよね。ああ、メンバーから見ても勝利くん元気そうに見えるんだな、と私も安心した言葉でした。
舞台ジャニアイへの出演、主演作ハルチカの公開、Sexy Zoneでのコンサート、勝利くんのソロライブ…と二十歳の勝利くんの活躍をたくさん見ることが出来た一年だったけれど、中でも私がすごく嬉しかった出来事は、勝利くんの新しいソロラジオ番組「VICTORY ROADS」が始まったことです。
勝利くんの音楽の話が好きで、私が今まで知らなかった知識をつけることが出来て勉強にもなるし、何より勝利くんって、自分が好きなことを話している時が一番楽しそうだし、饒舌になるし、キラキラしているんですよね(姿が見えないラジオだったとしても!)。だから、いつか勝利くんの好きな音楽や車などについて、話が聞けるようなお仕事が決まればいいのになとこっそり思っていました。個人的にすごく思い入れのあるラジオ局のbayfmで勝利くんの番組が始まったことも、とても嬉しいです。末永く続く番組になりますように…!
勝利くんの21歳の一年が、これからが、どんな風になっていくのか楽しみだけれど、私が望むことは、勝利くんがやってみたいと思ったことを実現できるようなお仕事に巡り会えますように、ということです。
7年前の今日、ジャニーズ事務所に入ってジャニーズアイドルとしての一歩を踏み出した勝利くん。
それから一年くらいして、Sexy Zoneのセンターとしての人生が始まった勝利くん。
実は、Sexy Zoneは勝利くん以外の4人のメンバーはジャニーズ事務所に入りたいと自ら望んで応募していて、静岡から通っていた聡ちゃんがいたり、ドイツから日本へ来たマリウスくんがいたり、みんな早い段階で「アイドルとして生きる」覚悟を持ってここまでやって来たのではないかなと思います。
そういうメンバーに囲まれた勝利くんが、実は一番アイドルとしてではなく、「普通の男の子」として暮らしていた可能性が高かったんじゃないかなと思っていて、それでも勝利くんは今のところ私の前で「普通の男の子に戻りたい」とはっきり言ったことはないし、「Sexy Zoneのメンバーが大好き」「グループをもっと大きくしたい」と言ってくれる。
Sexy Zoneの最新曲ぎゅっとの勝利くんパートの中に、「普通に就職して だれかと結婚して 普通に帰って 普通に眠る」という歌詞があるけれど、このパートを勝利くんが歌うことにすごく意味を感じるというか、本当はたくさんの選択肢があった中からこの仕事を選んでくれて、この仕事を続けてくれていることって尊いことなんだなと改めて感じました。
前にファッション雑誌のテキストで話していた勝利くんの仕事に対してのモットーが、今でもすごく好きだな、かっこいいな、私も少しでも見習いたいなと感じる言葉で、定期的に思い出します。

「僕のモットーは、仕事と私生活に順番をつけないで生きること。この世界は極端な話、自分の人生を削ってやる仕事だし、バランスをとるのは本当に難しいけど、それができる人こそがプロフェッショナル!ただ、自分の幸せだったり、健康でないと仕事も持続できないので、充実感は常に保っていたいと思っています」

二十歳でここまで覚悟を持って、大事なこともしっかり理解してお仕事を続けてくれている勝利くんは本当にすごいなと思います。
それから、これは勝利担になってますます強く感じたことなのですが、勝利くんがファンに投げ掛けてくるボールってすごく優しくて、絶対に自分本位でボールを投げてくることはないし、こちらがボールをキャッチしやすいようにいつも考えて投げてくれるし、時にはあれ?と思うようなボールが飛んできたとしても、後から勝利くんはちゃんと訂正したり補足をして私たちを納得させてくれる。そういう細かい仕事っぷりというか、ある意味どこまでも究極にファン想いというか…勝利くんの育ちや性格からきているものなのかもしれないですが、本当に優しい。そういう勝利くんの優しさのおかげで、私は応援していて楽しいな、幸せだなと感じることが出来るのだと思います。
勝利くんにあれをしてほしい、こういう風になってほしい、と具体的に思うことはあまりなくても、勝利くんがやりたいことをやってほしい、勝利くんが選んだ道をいつだって進んでいてほしいと強く思うのは、こういう楽しい日々の中で私が出来るせめてもの恩返しなのかもしれないなあ…。
21歳の一年も、幸せいっぱいの一年になりますように!勝利くんの笑顔がずっとずっと、続きますようにと願っています。